HOME > 広報誌&掲載記事 > 浄土宗、西福寺(常総市新石下)
広 報 誌 & 掲 載 記 事


広報誌『かがやき』で紹介した管内の名所旧跡など

NO.32 浄土宗、西福寺(常総市新石下)






 当山は壽廣山観音院西福寺と号し、寛永9年(1632)に了学上人の隠居所として建設された。
 寺宝としては、弥陀三尊像・両大師像・聖観世音菩薩像・真言八祖掛軸(狩野深幽作)・平将門供養碑(北条時頼命)などがある。
 浄土宗の寺院としては珍しく、境内に四国88ケ所の霊場が祀られています。これは、天明2年(1782)の大飢饉の際、開基大檀那の小口孫兵衛氏の子孫が、救済事業として私財を投げ打って、飢餓に苦しむ農民らに築かせたものであり、池を掘り山を築き、88ケ所のお堂が祀られているものです。
 現在でも毎月21日に縁日が開かれ近隣の参詣者で賑わっており、当地に居ながらにして四国88ケ所霊場のお遍路参りが出来る訳であります。




△ ページの先頭ヘ | << HOMEへ 

 常総ひかり農業協同組合
 〒304-0814 茨城県下妻市宗道2028 Tel : 0296-30-1211 (代) Fax : 0296-44-4457 [お問い合わせ]


Copyright (C) 2008, JA jyousou-hikari All Rights Reserved