HOME > トレーサビリティ > トレーサビリテイー説明会議(デモンストレーション)
トレーサビリティ


青果物のトレーサビリティ


トレーサビリテイー説明(デモンストレーション) 2004.05.27


第2回トレーサビリテイー説明会議 「(株)山武」のデモンストレーション

 トレーサビリテイーの会議が開催されました。

トレーサビリテイーについて

 既に「狂牛病」の時に問題になった食品の生産・流通ルートについて、「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法による個体識別情報の公表」を実施しています。

 食品におけるトレーサビリテイーは、生産、加工、流通等の各段階で食品の製造元、販売先等の記録を記帳・保管し、食品とその情報とを追跡できるようにすることで、
(1)食品の安全性に関して、予期せぬ問題が生じた際の原因究明や、問題食品の追 跡・回収を容易にするとともに、
(2)「食卓から農場まで」の課程を明らかにすることで、『食品の安全性』や品質、表示に対する『消費者の信頼を確保』するものです。




△ ページの先頭ヘ | << HOMEへ 

 常総ひかり農業協同組合
 〒304-0814 茨城県下妻市宗道2028 Tel : 0296-30-1211 (代) Fax : 0296-44-4457 [お問い合わせ]


Copyright (C) 2008, JA jyousou-hikari All Rights Reserved